メニューを表示

オリジナルのファブリックボード製作!




【1】価格と納期


ファブリックボードのご注文枚数は1枚から承ります。下記料金表は、オリジナルでのプリント料金も含んだ価格となります。ボードサイズによって価格帯が変わりますので、ご希望の価格帯をご確認頂きますよう、お願い申し上げます。

※料金は予告なく変更させて頂く場合がございます。予めご了承ください。
※ファブリックボードは、通常時でご成約から出荷まで10日~2週間ほどかかります。ご了承ください。



ファブリックボード・オーダー価格 

 

※画像はサンプル画像です。ボードのデザインは、ご希望のサイズのテンプレートファイルをダウンロードして画像編集してください。



40-30サイズ(横40cm×縦30cm×厚約2.5cm)



50-37サイズ(横50cm×縦37cm×厚約2.5cm)



60-45サイズ(横60cm×縦45cm×厚約2.5cm)



60-60サイズ(横60cm×縦60cm×厚約2.5cm) 在庫限りで終了・残り1枚




共通事項

 

生地はどれを選んでも価格は変わりません。お客様のお好みの生地を選択して下さい。

ボード本体と三角釣り具(留め金具と紐)のお届けになります。

送料別となります。送料はお選びいただくサイズや枚数、お届け地域によって変わります。お見積り時にご案内させていただきます。

→送料、代引手数料についてはこちら



重要 「見積依頼」について・「発注」「成約」の概念について

 
ご成約について」のページをご確認ください。



納期について

 

ご成約のタイミングについて
お客様の画像がイングジェット・ドットネットに届き、「未来予想図」とお見積をお客様のパソコンまたは携帯へ送信致します。お客様が内容を確認した上で、当サイトにご返信された時点で成約とさせていただきます。ファブリックボード用の画像を添付 ・送付した時点ではご成約とはなりません。また、製作作業に取りかかるタイミングは、ご希望の決済方法によって異なりますのでご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

銀行振込の場合
お客様からご入金がされてから製作に取り掛かります。従って、未来予想図を確認後、ご返信した状態では製作には取り掛かりませんのでご注意ください。

 

ボード土台も受注生産となりますので、ご入金確認後10日~2週間程度で出荷。

商品代引の場合
未来予想図を確認後、ご了承のご返信を頂いた時点で製作に取り掛かります。

ボード土台も受注生産となりますので、ご成約後10日~2週間程度で出荷。


※連休等を挟む場合は数日遅れる場合もあります。

※複数製作の場合、上記期間より多少お時間を頂く場合がございます。

※基本的に特急対応はしておりません。ご希望納期がある場合は、余裕をもってお早目にご依頼ください。

※混雑状況によって、納期が変わる場合もございます。お急ぎの場合は、電話・メール等にて混雑状況をご確認ください。






【2】ボードのサイズ


ファブリックボードは、プリントした生地を木製ボード正面、背面、裏面にかけて一枚貼りにしてお届け致します。プリントする柄やデザインはお客様が画像やイラストを編集していただき、当サイトがプリント致します。このページはファブリックボードに使用する木製ボードのサイズについてご説明致します。



ボードのサイズ


ボードサイズは、5種類をご用意しています。横長レイアウトの木製ボードですが、縦長レイアウトとしてのご利用も可能です。制作する画像ファイルも横レイアウトもしくは縦レイアウトで編集していただくことになります。正方形のボードご用意しております。デザインに必要なテンプレートファイルも横・縦レイアウトご用意しております。ご希望のサイズ・レイアウトのファイルをダウンロードして編集作業して下さい。

 

40-30サイズ(横40cm×縦30cm×厚約2.5cm )
横型でも写真の引き伸ばしても画質の劣化も少なく綺麗にプリントできるサイズです。お子様やペット写真など、イベント記念として製作するには丁度良いサイズです。


50-37サイズ(横50cm×縦37cm×厚約2.5cm )
上記40-30より一回り大きいサイズです。一眼レフなどで撮影した高画質なお子様やペット写真など、自作グラフィックなどでも美しくインパクトのある形で製作できます。

60-45サイズ(横60cm×縦45cm×厚約2.5cm)
お客様からのリクエストで実現したサイズです。ウェディングパーティー、イベント会場のウェルカムボードとして最適なサイズだと思います。ファブリックボードのサイズでは一番注文の多いサイズです。

60-60サイズ(横60cm×縦60cm×厚約2.5cm )在庫限りで終了・残り1枚
正方形タイプでサイズが一番大きいものです。寝室やリビングの壁面等に設置してはいかがでしょうか?またカフェ等の商用としてもサイズ大きいので存在感があります。
ファブリックボード・横60×縦60cmイメージ画像

 


ボードの相対図


ボードサイズの相対図です。お客様のデザインしたいサイズ又は、飾りたいスペースを測ってサイズ決定して下さい。横長のボードは縦レイアウトも可能です。

※ディスプレイする環境がお客様によって異なりますので、壁に設置する場合は各時フック等の付属品をご用意する必要があります。但し、ボード本体と別に簡易フックを付属致しますので、そちらをお使いになれそうな場合はお使い下さい。


【3】生地を選ぼう


生地は2種類ご用意しております。プリント用生地はポリエステル100%素材です。生地のあたたかみと風合いがお好みの方は粗めキャンバスを、細かい表現や細い線を多用したデザインはブッチャーがお薦めです。

※お客様からの生地の持ち込みには対応しておりません。
※製造ロットによって、若干生地の仕様が変わることがございます。ご了承ください。



粗めキャンバス


  • 素材 :ポリエステル100%
    厚み :厚
    特徴 :北欧調の柄や幾何柄をデザインすると生地の風合いと調和する生地です。布貼りとしては一番粗い感じですが布のボードとしては暖かみがあります。
  • ファブリックパネル用の生地・粗めキャンバス画像
    拡大する
  • ▼30cm×30cmサイズボード
    ファブリックパネル用の生地・粗めキャンバス拡大画像1
    拡大する
  • ▼30cm×30cmサイズボード
    ファブリックパネル用の生地・粗めキャンバス拡大画像2
    拡大する


ブッチャー


  • 素材 :ポリエステル100%
    厚み :中厚
    特徴 :よく見ると、織がチェック柄のようになっている生地ですが、プリントすると、さほど織り柄自体は気になりません。粗めキャンバスと比べてより細かい柄表現が可能です。細かいデザインのプリントをご希望の場合は、ブッチャーの方がお勧めです。
  • 拡大する
  • ▼30cm×30cmサイズボード
    拡大する
  • ▼30cm×30cmサイズボード
    拡大する


【4】テンプレート・ダウンロード


ファブリックボード用のテンプレートファイルをご用意しております。下記リンクよりダウンロード下さい。

ファブリックボードのテンプレートファイル




【5】テンプレートの使い方


テンプレートの使い方をご説明致します。Photoshop用・Illustrator用の2種類のうちいずれかを、お使いのソフトに合わせてお客様のパソコンへダウンロードしていただいたかと思います。例として30-30サイズ(横30cm×縦30cm×2.5cm厚)のテンプレートを使用してご説明します。



Photoshopシリーズをお使いの方


Photoshopを起動し、テンプレートファイルを開きます。レイヤーパレットを表示してレイヤー構造を見て下さい。下から、「ボード構成」、「デザイン」、「作り方説明」の3つのレイヤーが確認できます。画像解像度(150dpi)・カラーモード(RGB)・画像サイズは設定済みですので、すぐにでも編集にとりかかれます。以下レイヤー構成の説明になります。


◆ガイドラインを表示する
Photoshopのメニューの[ビュー]から[ガイドを表示]を実行して下さい。ガイドラインが表示されます。外側のガイドラインは、ボードの正面と側面の境界です。縦横中央のガイドラインはボードの中心線になります。
レイヤー構造の説明

◆「作り方説明」レイヤー
このレイヤーは製作にかかるためのポイントと説明文が明記されています。デザインにかかる前にお読み下さい。(このページをご覧頂いていない方のために、同じ内容で説明して います)編集作業が終了したら画像ファイル容量が大きくなりますのでこのレイヤーは削除していただいて構いません。


◆「デザイン」レイヤー
レイアウトはこのレイヤーを基に作業していただきますよう、お願い致します。直接描画しても構いませんし、新規にレイヤーを追加されても構いません。レイヤー名はご自由に設定していただいて構いません。保存時にはレイヤーは分割された状態でも、「画像の統合」をされて一枚にしてもOKです。
レイヤー別編集の仕方


◆「ボード構成」レイヤー
ボードを加工する際の領域を色で区別しております。ボード正面・側面・背面になります。ボードを飾って置く場合には正面と側面が表として見えます。背面の領域はボードの裏側へ巻き込み固定したします。従って隠れることも考慮して全体にレイアウトしていただきますようお願い致します。

ロゴや文字を入れる場合は正面の範囲内に収めるようにして下さい。また、必ずボードの正面・側面・背面のデザインが一続きになるようにデザインしてください。ボードには微妙な誤差があるため、正面・側面・背面ごとにデザインを分けてしまうと、デザインの境目が縁にぴったりに製作できません。また、側面や背面にロゴや文字を入れてしまうと、ボード貼り付けの際にずれたりカットされる可能性があるので避けてください。編集作業が終了したら、このレイヤーは削除して下さい。

↑上記のデザイン例では正面の範囲の中に当サイトのロゴが収まっているのが分かります。


◆ファイル名について
ファイル名は自由に付けていただいて構いません。分かりやすい名前で明記していただきますよう、お願い致します。保存形式はフォトショップ形式、拡張子「.psd」の追記もお忘れなく…。
ファブリックパネル出来上がりイメージ



Illustratorシリーズをお使いの方


Illustratorを起動し、テンプレートファイルを開きます。レイヤーパレットを表示してレイヤー構造を見て下さい。そこには、「ガイドライン」、「デザイン」、「作り方説明」の3つのレイヤーが確認できます。以下各レイヤーの説明になります。  

レイヤーの構造説明


◆「作り方説明」レイヤー 
このレイヤーは製作にかかるためのポイントと説明文が明記されています。デザインにかかる前にざっと読んで下さい。(このページを見ていない方のために同じ内容で説明しています)編集作業が終了したら、このレイヤーは削除して下さい。


◆「デザイン」レイヤー 
レイアウトはこのレイヤーを基に作業していただきますよう、お願い致します。水色の四角いオブジェクトが二つあります。「デザイン」レイヤー上でオブジェクトを描画しても構いませんし、新規にレイヤーを追加されても構いません。レイヤー名はご自由に設定していただいて構いません。保存時にはレイヤーは分割された状態でもOKです。
デザインの構成


◆「ガイドライン」レイヤー

製作していただくファブリックボードのガイドラインになります。最初にファイルを開いた状態では編集不可になっております。色別にボード構成する領域を示しています。画像編集する際は、ボードの正面、側面、背面を考慮して色範囲全体にデザインして下さい。この「 ガイドライン 」レイヤーは非表示にするか、固定したままでお使いください。編集作業が終了したら、このレイヤーは削除して下さい。

ロゴや文字を入れる場合は正面の範囲内に収めるようにして下さい。また、必ずボードの正面・側面・背面のデザインが一続きになるようにデザインしてください。ボードには微妙な誤差があるため、正面・側面・背面ごとにデザインを分けてしまうと、デザインの境目が縁にぴったりに製作できません。また、側面や背面にロゴや文字を入れてしまうと、ボード貼り付けの際にずれたりカットされる可能性があるので避けてください。編集作業が終了したら、このレイヤーは削除して下さい。

ファブリックパネルの構成


◆ファイル名について

ファイル名は自由に付けていただいて構いません。分かりやすい名前で明記していただきますよう、お願い申し上げます。保存形式はフォトショップ形式、拡張子「.ai」の追記もお忘れなく…。

ファブリックパネルの完成図



共通のご注意事項


出来ればファブリックボードは、正面・側面・背面まですべてデザインがつながった状態のデザインデータを作成してください。

特に「正面」と「側面」でデザインを切り替えると、ボードへの貼り作業後、切り替え位置がボードの縁からズレますのでご注意ください。

ファブリックボード本体のサイズや、プリント生地に避けようのない、微妙なサイズ誤差がございますため、基本的にこの「ズレ」は回避することができません。予め、その点をご理解のうえ、デザインを制作してください。

また、上記のように、側面、背面の向かってレイアウトが微妙にズレて行くため、側面・背面部分への文字やモチーフ挿入はNGです。



プリント用画像ファイルについて

 
画像管理について」のページをご確認ください。




【6】サンプルを見よう


当サービスをご利用になったお客様による作品サンプル、当サイトのサンプル、商品化前にモニターさんによるファブリックボードの製品サンプル等ご覧いただけます。ボード製作の参考にご覧下さい。




製品サンプルいろいろ


  • ボードサイズ:30-30サイズ(ヨコ30cm×タテ30cm)
    このサイズは終了

    プリント生地:ジャガード(参考生地)

    制作ソフト:Illustrator

    用途:弊社エントランス用の看板として製作して見ました。デザインはシンプルにジャガード生地を使用して織柄も目立つように作りました。
  • ▼完成画像

    拡大する

  • ボードサイズ:30-30サイズ (ヨコ30cm×タテ30cm)
    このサイズは終了

    プリント生地:ジャガード(参考生地)

    制作ソフト:Photoshop

    用途:柱に2枚を設置しています。上下のボードの間隔をあけて飾ることを年頭において、画像が続くようにボードのデザインをしています。
  • ▼完成画像

    拡大する

  • ボードサイズ:90-60サイズ(ヨコ90cm×タテ60cm)
    このサイズは終了

    プリント生地:キルト(参考生地)

    制作ソフト:Illustrator

    用途:立体感のあるキルト状の生地に幾何学模様をプリントしました。モノトーンのデザインは白い壁に映えて空間にインパクトを与えます。ボード正面から側面にかけての立体感も面白い効果がでていると思います。

  • ▼完成画像

    拡大する


モニター様の作品

 
商品化前に商品モニターさんをネット上で選出させていただきファブリックボードを製作致しました。ボード製作の参考にご覧下さい。


30-30サイズ(このサイズは終了)
未来予想図
未来予想図
生地プリントの状態


ボードサイズ:30-30サイズ (ヨコ30cm×タテ30cm)

プリント生地:粗めキャンバス

製作ソフト:Illustrator


モニター様から頂いた画像


30-30サイズ(このサイズは終了)
未来予想図
未来予想図
プリントの状態

ボードサイズ:30-30サイズ (ヨコ30cm×タテ30cm)

プリント生地:粗めキャンバス

製作ソフト:Photoshop

モニター様から頂いた画像


90-60サイズ(このサイズは終了)
未来予想図
プリントの状態

モニター様から頂いた画像


ボードサイズ:90-60サイズ
(ヨコ60cm×タテ90cm)

プリント生地:ジャガード(花柄)(参考生地)

製作ソフト:Photoshop


120-60サイズ(このサイズは終了)
未来予想図
プリントの状態

モニター様から頂いた画像


ボードサイズ:120-60サイズ(ヨコ120cm×タテ60cm)

プリント生地:レトロ(参考生地)

製作ソフト:Illustrator