メニューを表示

柄の種類について

当サイトでは、お客様からお預かりしたプリント用の画像ファイルを布にプリントします。画像ファイルは「総柄(そうがら) 」・「絵羽柄(えばがら)」・「ワンポイント」の3種類に分けられます。 ここではそれぞれの画像ファイルに合わせたデータ作成のヒントをご説明いたします。

「布プリント」のサービスでは主にこの3種類での入稿となります。
「テディベア」は「総柄」でのご入稿のみを受け付けております。
その他の商品は、「絵羽柄」「ワンポイント」などが大半を占める形となります。

【1】プリントNGのデータについて
【2】総柄(そうがら)の場合
【3】絵羽柄(えばがら)の場合
【4】ワンポイントの場合
【5】「総柄」・「絵羽柄 」・「ワンポイント」の3種共通事項


【1】プリントNGのデータについて


プリント用として、きちんと画像編集されていないデータはプリントができません。

NG例:
プリントしたい柄・モチーフを写真撮影しただけのデータ
プリントしたい柄・モチーフをスキャンしただけのデータ
手描きの原稿(を写真撮影しただけのデータ)
手描きの原稿(をスキャンしただけのデータ)

以上のような、プリント用データとしてきちんと完成されていない物につきましては、ご依頼をお受けできません。必ず柄の送り付けやプリントサイズにサイズ調整した、そのままプリントして問題ないデータをご用意ください。プリント用データの作成ができない場合はこちらをご覧ください。



【2】総柄(そうがら)の場合


一般に「柄」といえば総柄のことを指します。「総柄」とは、ある一定のパターンが繰り返していく柄のことです。水玉、チェック、迷彩など、身の回りのインテリア用品・ファッションアイテムは殆どが総柄です。画像の作り方も繰り返すパターンを一つだけ作っておけば、当サイトがパターンを展開してプリントしますので画像ファイルのサイズもスマートです。また、パターンを展開していくことを「送り」と言います。

巾150cm×長さ100cmの生地に、巾・長さとも10回送りを付けたい場合、通常は巾15cm、長さ10cmの画像サイズを作ります。


総柄の例


一定のパターンを作り、右・下方向に展開(送り付け)していきます。



画像制作のヒント

 
上記にもあるように、お客様がどの巾と長さでプリントしたいのか、そのパターンは何回送りを付けたいのかを決め、送りに必要な画像サイズで編集して下さい。編集中の注意点は、柄の上下、左右が繋がるように制作することです。  

プリント柄の周りに余白を付けたい場合などは、「絵羽柄」扱いとなります。必要なサイズに柄展開をして、余白を含めたサイズでデータを作成して下さい。その際の画像制作は「絵羽柄」「ワンポイント」を参考にしてください。


総柄プリントに関するご注意事項

 
必ずお客様ご自身で、柄がきれいに繋がっているか確認後にご入稿ください。当方では基本的にお客様からお預かりしたデータをそのまま出力するのみです。柄のつながりをチェックしたり、修正等は行いません。データの作成は自己責任でお願い申し上げます。
柄のサイズは必ずプリントしたい原寸サイズで制作してください。
イラストレーターご使用の方へ: 必ず1リピート分の原寸サイズのデータをご用意し、マスクをかけるなどして余計な断ち代などは表示させないでください。トンボ・トリムマーク(カットの印)は、絶対に作成しないでください。トンボがデータ上に記載してある場合は、トンボまで含めた柄で送りをつけますのでご注意ください。

例1:生地、巾100cm×長50cmに10回送りを付ける場合 → 10cm巾のパターン


例2:生地、巾120cm×長50cmに2回送りを付ける場合 → 巾30cm×長25cmのパターン


総柄リピートについて

 
当サイトで展開可能なリピート(送り)の付け方をご案内します。通常は「正リピート」と言い、横方向、縦方向にそのまま展開していきます。その他、「縦ハーフステップリピート」「横ハーフステップリピート」等にも対応可能です。

正リピート(通常) 縦ハーフステップリピート 横ハーフステップリピート
最も基本的なリピート展開です。柄を縦・横方向へ方眼上に展開していきます。 図案を縦方向へ2分の1移動させたリピート展開です。 図案を横方向へ2分の1移動させたリピート展開です。



【3】絵羽柄(えばがら、一枚柄)の場合


絵羽柄とは主に和装や和服などの用語ですが、襟や袖を縫い合わせて模様がぴったり合う柄のことを差します。総柄は パターン展開する柄配置ですが、絵羽柄は展開(送り)なしの柄と考えていただいて結構です。


絵羽柄の例


絵羽柄(一枚柄)の例としては、旗や広告、ポスターなど、写真画像なども一枚柄の部類になります。




画像制作のヒント

 
ご希望の生地巾と長さにプリントしたい写真や文字など原寸サイズでレイアウトしていただきますよう、お願い致します。
周りに余白を付けたい場合は、必要な余白を含めたサイズでデータを作成してください。以下、「ワンポイント」の場合の画像制作を参考にして下さい。
イラストレーターご使用の方へ:トンボ・トリムマーク(カットの印)は、 トンボ自体をプリントしたい場合以外は、絶対に作成しないでください。トンボがデータ上に記載してある場合は、トンボまで含めたサイズで料金を計算しなおします。(ご注文サイズより大きくなり、料金もその分高くなります。 )ご注意ください。




【4】ワンポイントの場合


必要な生地サイズの中に、全面でなく部分的にのみプリントご希望の場合です。背景は無色(白)となります。 総柄・絵羽柄のプリントの場合でも、周りに付ける余白の指定などがある場合は、以下に説明するような形で画像を作成してください。



ワンポイントの例


上記の絵羽柄と近い形で一枚柄の部類に含まれます。背景の色は白(生地の色)となります。




画像制作のヒント


ご希望の生地巾と長さにプリントしたい写真や文字など原寸サイズでレイアウトしていただきますよう、お願い致します。
画像・柄のサイズは必ず原寸サイズで制作してください。また背景の色は必ず白にしてください。背景に色が少しでも付いていると、全面プリント扱いになります。画像を拝見後、プリント部分の大きさによっては弊社で多少割引をさせていただく場合がございます。(非常に小さいワンポイントなど、余白部分が大きい場合)
イラストレーターご使用の方へ:トンボ・トリムマーク(カットの印)は、それ自体をプリントしたい場合以外は、絶対に作成しないでください。トンボがデータ上に記載してある場合は、トンボまで含めたサイズで料金を計算しなおします。(ご注文サイズより大きくなり、料金もその分高くなります。 )ご注意ください。
当方のプリント手法としては、転写紙を使って余白部分も一緒に転写しております。その際、余白部分が大きい都合上、プリント時に余白部分に埃が混入する場合がございます。当方でも十分注意してプリントさせていただいておりますが、埃の混入を完全に避けることはできませんので予めご了承くださいませ。




【5】「総柄」・「絵羽柄」・「ワンポイント」の3種共通事項


「布プリント」には、テンプレートファイルは存在しません。プリントしたいご希望のサイズ内で自由にデザイン作成してください。

必ずプリントしたい原寸サイズのデータをご用意ください。

弊社で画像の修正や編集は一切行いません。そのままプリントして問題ない「完全データ」をご用意ください。 基本的に、入稿データはお客様の責任の下、制作・ご入稿願います。ご入稿データには不備が無いよう、最終確認の上ご入稿をお願い申し上げます。データの不備等に関しては、当方では一切責任を負いかねます。万が一当方で気付いた場合は、お客様にご指摘させていただく場合もございますが、気付かずにプリントを進めてしまう場合もございます。当方より不具合を事前に指摘することは保障致しかねます。

ご自分で画像編集・画像修正ができない方は「オプション」をご覧下さい。

Adobe Photoshop(R)シリーズをお使いのお客様


対応バージョン:CC以下のバージョン
画像サイズ:
・総柄:1リピート分の原寸サイズ 
・絵羽柄・ワンポイント:プリントの原寸サイズ
カラーモード:RGBまたはCMYK
画像解像度:150dpi~200dpi
文字の最小サイズ:12ポイント以上
保存形式:フォトショップ形式 psd、 ファイル名の例:「textile.psd」

※フォントをお使いの場合は、必ずラスタライズ化してください。
※モチーフごとにレイヤー分解された状態でも可。例:背景、 柄、ロゴといった具合にレイヤー分解した状態でも対応致します。(画像の統合はしていなくてもOK)

Adobe Illustrator(R)シリーズをお使いのお客様


対応バージョン:CC以下のバージョン
画像サイズ:
・総柄:1リピート分の原寸サイズ 
・絵羽柄・ワンポイント:プリントの原寸サイズ
カラーモード:RGBまたはCMYK
画像解像度:150dpi~200dpi
文字の最小サイズ:12ポイント以上
保存形式:イラストレータ形式 ai、  ファイル名の例:「textile.ai」

※文字情報(Font)を含む場合は「文字のアウトライン」を実行して図形化して下さい。 アウトライン化されていない場合、再度ご連絡致します。
※画像ファイルのリンク・貼り付け・埋め込みは基本的にはお勧めしません。お客様のパソコン環境と弊社のパソコン環境の違いから、画像が正しく表示されない場合があるためです。リンク・ 貼り付け・埋め込みをして画像制作する場合は、最終的にフォトショップデータに書き出したものを入稿することをお勧めいたします。リンク・ 貼り付け・埋め込みのデータを入稿された場合は、お客様に再入稿のお願いをする場合がございます。どうしてもイラストレーターにリンク・埋め込みしたデータで入稿したいという場合は、下記の3点にご留意のうえ、ご入稿ください。

(1)リンク元画像データは必ずPSD形式で保存し、リンク元データも必ず全て入稿(EPSはNG)
(2)ファイル名は半角英数字限定
(3)出力サンプル画像(JPG・GIFなど)を準備


その他のソフトをお使いのお客様


画像サイズ:
・総柄:1リピート分の原寸サイズ 
・絵羽柄・ワンポイント:プリントの原寸サイズ
カラーモード:RGBまたはCMYK
画像解像度:150dpi~200dpi
文字の最小サイズ:12ポイント以上
保存形式:.bmp、.tif、.psd、.ai 、.pdfなど

※上記Adobe製品以外に様々な画像編集ソフトが販売されています。デジカメ購入時に付属しているフォトレタッチソフトでも十分編集できると思います。当サイトで画像を受け取る際に重要なことは保存形式です。上記保存形式をサポートしているソフトであれば問題なく編集可能です。